リンパマッサージの足痩せ効果って?ふくらはぎは細くなる?

細いふくらはぎ

スポンサーリンク

 

リンパマッサージをすると足痩せ効果があると言われていますが、それってどんなメカニズムなのでしょうか?

 

ふくらはぎを細くするリンパマッサージの効果:むくみ解消

リンパは水分や老廃物を回収する働きがあるのですが、流れが悪くなると水分が吸収できずに足がむくむ原因になってしまいます。
特にふくらはぎは、重力の関係でリンパ液がうまく流れないことが多いんですね。

 

リンパマッサージを行ってリンパの流れをスムーズにし、むくみを解消させていくことで、ふくらはぎ痩せに繋がっていくんです。
むくみを解消するとふくらはぎもスッキリと細くなり、老廃物もたまりにくく脂肪もつきにくくなるんです。

 

 

ふくらはぎを細くするリンパマッサージの効果:セルライト解消

セルライトがついた脚
セルライトとは、血行不良によって脂肪や老廃物が排出されずに溜まってしまい固まったものです。
ふくらはぎを両手でひねった時、皮膚がボコボコした状態だったら、それはセルライトです。

 

そのままにしておくと悪化して、酷くなるとひねらなくてもボコボコとして目立つようになります。ふくらはぎや太ももの裏側に多く見られます。

 

セルライトは脂肪の周りが硬くなったものなので、カロリー制限などのダイエットだけでは、非常に落としにくいんですね。
でも、リンパマッサージで血行を改善し老廃物を流れやすくすることで、セルライトを除去することにつながりますよ。

 

 

ふくらはぎを細くするリンパマッサージの効果:筋肉カチカチ解消

ふくらはぎか筋肉質だから、細くならないと思っていませんか?
実はこれはふくらはぎに付いた筋肉だけではなく、スポーツなどで鍛えた方がスポーツをしなくなった後、ふくらはぎの筋肉と筋肉の間に脂肪がついて、硬くなってしまった状態なんです。

 

筋肉と脂肪太りのふくらはぎは、そのままでは痩せにくいので、硬い筋肉をリンパマッサージで柔らかくすることが大切です。

 

リンパマッサージによって血行も良くなり、脂肪も燃焼しやすく、老廃物も排出しやすくなります。
筋肉・脂肪で太くなったふくらはぎを柔らかくするのには、少し時間はかかるかもしれません。
カチカチのふくらはぎは痩せないとあきらめないで、根気強くマッサージをしてあげることで効果が表れてきますよ。

 

 

ふくらはぎを細くする足痩せリンパマッサージのポイント

ふくらはぎマッサージ
リンパマッサージで足痩せ効果を上げるには、いくつかポイントがあります。効果的に細くなる方法で行っていきたいですね。

 

足痩せリンパマッサージ前のポイント

マッサージの前に行うと効果的なことは2つです。

 

  1. コップ1杯の水または白湯を飲む
  2. 入浴で体を温めてから行う

 

コップ1杯の水を飲むだけで、リンパマッサージの効果がぐーっと高まります
マッサージでリンパ液や血流が良くなったところに、水分をしっかりとっておくと老廃物を汗や尿とともに排出しやすくしてくれるんです。
簡単なので、取り入れたいですね。

 

入浴後は血流も良くなっていますので、マッサージを行うとふくらはぎが細くなる効果が期待できますよ。
入浴後はマッサージタイムと決めて日課にしておくと、忘れることはないのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

ふくらはぎ痩せに効果的リンパマッサージの順番

腹式呼吸する女性

 

足のリンパマッサージを行う際、ふくらはぎ痩せに効果的な順番があるのでぜひ実行してください。

 

まず心臓に遠いところから始めます
足の指や甲の骨と骨の間、足首やくるぶし、ふくらはぎ、膝、太ももの順番に行います。
下から上へリンパ液を流すイメージと覚えてください。ふくらはぎや太ももがほぐれたら、最後に太ももの付け根の鼠径(そけい)リンパ節へ向けて流します。

 

鼠径リンパ節は、細菌や毒素を体内に広がらないようにしてくれる働きがあります。

 

あまり関係ないように思いますが、リンパマッサージは呼吸法と深いかかわりがあります。
リンパマッサージを行うときはまず最初に「腹式呼吸法」を取り入れて行ってみましょう。

 

「腹式呼吸法」は深い呼吸法なので、お腹の中にある「乳び槽」を刺激しリンパの流れを促進します。
この「乳び槽」は全身の約8割のリンパ液が通過するところなので、ここから足の方にもリンパ液が流れてくるんです。

 

圧迫することで体の中のリンパ液の流れを活発にします。「腹式呼吸法」は体を温める効果もあるので、さらにマッサージの効果を高めてくれますよ。

 

 

 

ふくらはぎを細くするリンパマッサージの方法

リンパマッサージ

 

では実際に、ふくらはぎを細くするリンパマッサージの実際の方法をご紹介しましょう。

 

特に回数の決まりはありません。痛くなるまで無理をせず気持ちの良い強さで行いましょう。大まかな流れですので、ご自分で様子を見ながら進めていくと良いですよ。

 

1.足裏マッサージから始めます。
親指で3秒ほど押して離したりを繰り返します。指先からかかとへとまんべんなく行なったら、土踏まずもマッサージします。

 

2.足の甲を親指で指から足首にむかってマッサージしていきます。
指も一本一本丁寧に付け根から指先へとマッサージします。

 

3.足首とアキレス腱をほぐします。まず足首を手で持って回します。
くるぶしの周りのマッサージも忘れずに行ってください。アキレス腱は両手でつかんで下から上へスライドするイメージで行います。

 

4.足首から膝に向けてマッサージしていきます。
下から上へ両手でさするようなイメージです。とくに決まったマッサージ方法はありません。

 

例えばふくらはぎの部分を両手でつかんで、押したり離したりを繰り返したりして刺激を与えるのも良いですし、雑巾を絞るように両手でひねってほぐすのもセルライトには効果的です。
むくみも取れるので細くなる効果も期待できますよ。

 

最後に膝の周りもしっかりとマッサージします。

 

5.足の先からほぐしていったリンパを膝裏へ流します。
その後、膝裏はリンパが溜まりやすいのでしっかりと溜まったリンパをほぐします。両手で膝の裏を押したり離したりしてマッサージします。

 

6.仕上げにさらに太ももの付け根の鼠けい部までリンパを流してあげます。
こうすることでリンパの流れがよくなります。両手で太ももを包んで軽く圧迫しながらスライドさせてマッサージします。
太ももの裏も前も同じように行います。最後に鼠けい部も丁寧にもみほぐしたあと押して軽く圧迫します。

 

スポンサーリンク

 

足痩せリンパマッサージの注意点

マッサージオイル

 

足痩せリンパマッサージは力を入れ過ぎない

足を細くするため!と頑張りすぎないで、優しく行うことが大切です。
ふくらはぎや太ももを強く押したりもんだりすると早く効果が表れそうですが、デリケートなリンパ管や血管、神経にもダメージを与えたりしてしまい逆効果になってしまいます。

 

リンパマッサージは体調の良い時に

体調と相談しながらマッサージをすることが重要です。
マッサージによって血液も流れが良くなりますので、発熱や怪我をしている場合は、状態を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

妊娠中は特に、ふくらはぎのむくみを取るためにマッサージを一生懸命したくなりますが、リンパの流れが急に変わったりすると胎児に影響があることもあるので、医師に相談されることをオススメします。

 

高血圧の方や心臓が弱い方も控えたほうが良いですね。肌に炎症などがあるときも刺激を与えては悪化させてしまうので控えるようにしてください。

 

リンパマッサージは肌の滑りを良くするとGood

リンパマッサージを行う際は必ずオイルクリームやボディクリームなどを使用して滑りを良くしてから行ってください。摩擦での肌へのダメージを減らすことができます。
滑りやすくすることでマッサージもスムーズになり、リンパ液が流れやすくなります。

 

食後すぐのリンパマッサージはNG

食べた直後にマッサージをすると消化にも悪いですし、飲酒後は特に血流が良くなっているので刺激を与えない方が良いですね。
痛みの感覚も麻痺していると思うので、思いのほか力を入れすぎてしまう恐れがありますので、飲酒後のマッサージは控えた方が良いです。

 

せっかく正しくマッサージを行っていても、リンパ液の流れと逆方向ではふくらはぎを細くする果が期待できません。末節から心臓に向けて行うのが基本になります。

 

例えば足の場合は、つま先、ふくらはぎ、太ももにかけて行うのが正しい順番ですよ。

 

カチカチの筋肉太りふくらはぎにも効果的なリンパマッサージ、正しい手順で毎日行っていきたいですね。
でも、どうしても短期間で確実にふくらはぎ痩せをしたい場合は、こちらがオススメです。

 

 

スポンサーリンク

 


トップへ戻る